PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリスタン・ミュライユのギター作品

IMGP3398.jpg

楽しみにしていた楽譜が届きました。
トリスタン・ミュライユという作曲家、皆さんご存知でしょうか。
新しい作曲家の中では現在もっとも有名な一人なので、
現代音楽好きな方にはファンも多いと思います。
ジャチント・シェルシの影響を強く受け、同世代のジェラール・グリゼーとともに
音響の倍音スペクトルを用いた音楽、いわゆるスペクトル楽派と呼ばれる
音楽の創始者として有名です。(本人はそう呼ばれるのを嫌うそうですが)

以前シェルシの「コ・タ」という作品を演奏しましたが、シェルシの音楽を勉強するうちに
その影響下であるミュライユ、そしてグリゼーに興味が沸いてきて
彼らの作品を色々探した結果、残念ながらグリゼーはギター作品を残さず
若くして急逝してしまったのですが、ミュライユはなんとクラシックギター、
エレキギターのための作品をそれぞれ一曲ずつ書いてました。

それらの楽譜がようやく届いたので少しずつ読んでいます。開くとこんな感じ。
IMGP3399.jpg
クラシックギターの作品は「tellur」というタイトルで、フラメンコに触発されて
書かれたそうです。全篇に渡って激しいラスゲアドの連続です。
エレキギター(独奏!)の作品は「VAMPYR!」というタイトルで、
こちらはどうやらロックのイメージで、結構エフェクトをかけて歪ませた音で
弾くみたい。こちらも激しいです。作曲家のコメントが面白くて、
’カルロス・サンタナもしくはエリック・クラプトンのソロのような音で’とあります。

ミュライユは音楽史上においても重要な作曲家になるだろうと思うので、
そういった大家がギター作品を書いてくれることはすごく嬉しいです。
こういう作品がもっと増えるといいですね。

まだ全然弾けないですが、はやく練習して本番で弾いてみたいですね。
コンクールやらなんやらが終わったら取り掛かろうと思ってます。
やりたいことたくさん。わくわくします。

| 音楽 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakweb.blog18.fc2.com/tb.php/38-81b1bb7d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。