PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブライアン・ファーニホウ「 Kurze Schatten II」



イギリスの大家ファーニホウの唯一のギターソロ作品。
どうにか弾きこなしでレパートリーにしてやろうと
最近は毎日にらめっこです。
実は技術的には(見た目ほど)難しくはないのですが、
見ての通りとにかく譜読みが大変で、なかなか先に進みません。

なんだか楽譜はなんじゃこりゃ、ってな超難解な感じですが、
これが弾いてみると意外とね、とてもクリアな響きの、繊細な作品なのです。

それもそのはずで、楽譜がこうなってしまうのは、とにかくとことん
細部に渡って作曲家による指示が書いてあるからなんですね。
音量から音価(音の長さ)から、とにかく隅々まで徹底的に。
演奏者に、解釈(この言い方は好きではないですが)などという
曖昧で主観的な部分を徹底的に許さない、この完璧主義ぶり。
演奏したいと思う衝動はきっと、その美学に美しさを感じるからでしょうか。

弾ける様になるにはまだまだかかりそうですが、
念願叶って演奏する際は是非聴きにきてもらえたら幸せです。

現代音楽、百聞は一聴に如かず、ですよ。

| 携帯から | 03:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gakweb.blog18.fc2.com/tb.php/218-0e53a7ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。