2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のyoutubeはすごい



めちゃきれいです。是非フルスクリーンで。
ただ相当重いので一時停止してからちょっと待ってみるといいかもです。
スポンサーサイト

| 生活 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャットはchattenというらしい

友人に、スイス人のギタリストでアレックスというやつがいます。
初めて会ったのはスイスのバーゼルだったんですけど、初対面からなんだか
気心が知れたように仲良くなれて、はや5年ほどの付き合いになります。
その後彼は日本へ留学して僕の恩師である佐藤紀雄先生の下で勉強し、
僕はアレックスの先生であるエレナ・カソリ先生にヨーロッパで度々
レッスンを受けていたという、なんだか面白い関係です。
そんな彼ですが残念ながら僕とほぼ入れ替わりの形でスイスに
帰国してしまい、なかなか会うことも難しくなりました。

けど世の中便利なもんで、スカイプという文明の利器さえあれば
いつでもどこでも無料で電話できるんですよね。
まあ、とはいってもなかなかお互い忙しいので電話なんてしないんですけど、
代わりに時々チャットでコンタクトしています。

話す内容はというと、最近の様子から始まり「これからの音楽とは」みたいな
幕末の日本の若者みたいなテーマまで、侃々諤々としたチャットを繰り広げてます。
こういう熱い話が面白いうちはまだまだ若いってことでしょうか、きっとそうです。

アレックスはスイス人なのでドイツ語を(も!)しゃべるので、
日本に帰国してからすっかりドイツ語を使わなくなった僕にとっても
とてもいいリハビリになっています。。。はずなんですけど、
やっぱり毎日使わないと忘れるスピードが速い速い。
やっぱ言葉は忘れちゃうともったいないので、だれかドイツ人の方喋りましょうよー。

| 音楽 | 03:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の京

少しばかり、所用で大阪の方にいってました。

帰りに少し時間があったので、京都に寄って友人に会ったり、ちょっとだけ散策を。
京都は何度か行ったことがあるんですが、いつも必ず立ち寄る好きなお寺があります。
源光庵という禅寺で、割と有名なお寺ですが少し中心部からは離れていて電車とバスを
乗り継ぐので、いつもはあまり人もいなくて静かなお寺なんです。
で、今回も行ってきたんですけど、もう人がめちゃ多くって。
なんでかって、実はこの源光庵、紅葉の名所としても有名だそうで、しかも行ったのは
先週の月曜、連休の最終日だったもんですからそりゃ多いわ。
けどさすが、ものすごく紅葉きれいでした!いやいや日本すごい。
ただひとつだけ重大なミス。デジカメ忘れた。仕方ないので携帯でたくさん撮りました。

[7]

[2]

[6]

どうですかこの見事な紅葉っぷり。
実はこの源光庵の見所は紅葉以外に、二つの窓というのがあります。
それぞれ「迷いの窓」、「悟りの窓」と呼ばれます。
「迷いの窓」は四角い形。これは四苦八苦、つまり人間の業、を表すそうです。
「悟りの窓」は逆に円形で、これは禅寺の掛け軸とかによくある形なんですけど、
禅の心、つまり無の境地、悟りを表すんだそうです。

「迷いの窓」
[12]

「悟りの窓」
[13]


そのほかにも写真はないんですけど本堂に血天井というのがあって、
これは関が原の戦いの時に伏見桃山城を守る徳川方の忠臣・鳥居元忠が
石田三成軍に敗れ、その落城の際に残った家臣が自害したときの血の跡がついた
床板を供養のために寺の一部として祀ったものだそうです。
実際に手形とかくっきり残っていてリアルに当時の惨状が感じられます。

この日は天気もよかったためかなんか雑誌の写真撮影みたいなこともやってて、
舞妓さんが先ほどの悟りの窓のところで撮影してらしたのでこっそり一枚。
うーん、京都らしすぎてなんか外国人向けのパンフレットみたいですね。
[4]

そんな感じの京都小観光でした。観光とはいえ例のごとく重いギターケースを
背負ってるんですけど、そんなことは忘れるくらいいい一日でした。

そして、そんななかとてもめでたいお知らせが!
なんと、前日行われた国内最高のコンクール、東京国際ギターコンクールにて
友人のギタリスト松田弦くんが見事優勝!
邦人の優勝は11年ぶりだそうで、これはすごいことですよ!
もうなんだか嬉しくって、テンションあがりっぱなしでした。
下の写真は東京に帰ってから次の日、仲間のみんなで祝勝会の様子です。

[8]

2009112903330692b.jpg

ということで先週末はあちこち行ったり、めでたかったり飲んだり。
めまぐるしくも楽しく過ぎてゆきました。



おまけ

大阪で、天王寺というところに泊まったんですが、泊まったホテルの隣にあったビル。

[1]

なんで!?

| 生活 | 04:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜の浅草

今日はコンサートを聴きに浅草へ。
浅草は好きなので何度か来たことあるんですけど、夜に来るのは初めて
だったので、せっかくなので少し散歩して帰りました。


雷門、夜でも大迫力
09-11-20_004.jpg

屋形船もいい感じです
09-11-20_002.jpg

| 生活 | 01:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「オランダの気鋭の作曲家レインダートによる 'ペトラルカ歌曲集' 世界初演」@渋谷公園通りクラシックス

reindart1220 blog

またまたコンサートのお知らせです!

「オランダの気鋭の作曲家レインダートにによる 'ペトラルカ歌曲集' 世界初演」

2009年12月20日(日)
渋谷公園通りクラシックス

開場 18:30 / 開演 19:00
前売り 3,000円 当日 3,500円


プログラム

ジュリアナ・ホドキンソン:大地は鋼鉄のごとく力強く立っていた
レインダート・ヴァン・ヴァウデンベルグ:全て、しかしその町
ヘルマン・ロイター : 小さな宗教的な協奏曲
レインダート・ヴァン・ヴァウデンベルグ:ペトラルカ歌曲集
その他


出演

ソプラノ : 吉川 真澄
ヴィオラ : 甲斐 史子
ギター : 佐藤 紀雄
ギター : 山田 岳


広島でのリサイタルの3日後、今度は渋谷公園通りクラシックスに出演します。
タイトルのとおり、オランダの若い作曲家レインダートの作品を中心とした
室内楽の演奏会。当日はレインダート本人も来場されるそうです。
僕は恩師である佐藤紀雄先生との共演で、ギターデュオ作品「全て、しかしその町」に
出演します。かっこいい曲ですよ!

チケットのお問い合わせはgacchan2001@hotmail.comまで!

| 音楽 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「山田岳ギターリサイタル」@広島市東区民文化センター

recital20091217flyer blog

いやはやお久しぶりの更新。
コンサートのお知らせです。

「山田岳ギターリサイタル」

2009年12月17日(木)
広島市東区民文化センター小ホール

開場 18:30 / 開演 19:00
前売り 1,500円 当日 2000円

プログラム

ジョバンニ・ジローラモ・カプスペルガー(1580 - 1651) : トッカータ 第7番
ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685 - 1750) : 組曲 第3番 BWV995
ルチアーノ・ベリオ(1925 - 2003) : セクエンツァ XI
フェルナンド・ソル(1778 - 1839) : 幻想曲 op.54bis ※
ミシェル・ヴァン・デル・アー(1970 - ) : 栗毛色
ジョン・ダウランド(1563 - 1626) : 涙のパヴァーヌ
ポール・ニューランド(1966 - ) : 徒然草

※ゲスト:上垣内 寿光(ギター)

今回のプログラムは先日の東京公演でも演奏したセクエンツァ、栗毛色などの
現代作品に加え、バッハのリュート組曲やリュート音楽の大家カプスペルガー、
そして名手・上垣内寿光さんをゲストに迎えてのソルの二重奏曲など、
様々な時代の作品たちを織り交ぜて演奏します。何世紀も昔の作品から
ごく最近の作品を行ったり来たり。是非その大きなダイナミズムを感じてください。
会場の東区民文化センター小ホールは広島の皆さんにはお馴染みですが、
本当に響きのいいホールで、特に今回は響きに透明感のある作品が
多いので、その魅力を最大限に引き出してくれることでしょう!
演奏するのがとても楽しみです!お好み焼きも早く食べたい!

チケットのお問い合わせはgacchan2001@hotmail.comまで!


前回10/17の東京公演はおかげさまで無事終了いたしました。
ご来場いただいたお客様、公園通りクラシックスのスタッフの方々に
謹んでお礼を申し上げます。ありがとうございました。

| 音楽 | 00:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。